格安SIMで通話付きおすすめプランはどれ?

普段使用している携帯電話の月々の料金はいくらぐらいかかっていますか?

なんだかんだで10,000円を超えてしまう人も結構いるのですが、平均すると7,000円~8,000円くらいではないでしょうか。

総務省からスマホ料金や端末販売に関する要請があったことで、ドコモ・au・ソフトバンクの大手3キャリアは今までよりも安い料金プランの導入を行いました。

この新料金プランへ変更した人もいらっしゃるかと思いますが、思ったほど携帯料金が上がらなかったという声もよく聞きます。

そんな携帯料金を大幅に抑えることができるのが通話付きの格安SIMです。

格安SIMってなに?

このSIMというのはSIMカードのことを指しています。このSIMカードをスマホに差し込むことで利用できるようになるわけです。

では、格安SIMというのはなんなのかという話になるわけですが、SIMカード自体は大手3キャリアも提供しているわけですが、携帯料金は高めです。

何と比べて高いと言っているのかというと、大手3キャリア以外の携帯キャリアが提供しているSIMを利用している携帯料金と比べて高いということです。

かなり格安ということで格安SIMという言われ方をしているというわけですね。

なんでそんなに安くできるの?

ドコモやau、ソフトバンクは料金が高いのになんでその他の携帯キャリアは安い設定にできるのでしょうか。

ザックリ説明すると、上記3キャリアは通信サービスを提供するために基地局などの設備を保有しています。

その他の携帯キャリアは通信サービスを提供するための設備を持っていません。

では、どうやってサービスの提供をしているかというと、上記3キャリアへ費用を支払って回線を使用させてもらってるというわけです。

つまり、設備投資をする費用がかからない分、安い携帯料金プランを提供できるのです。

どの格安SIMがおすすめ?

格安SIMは提供する会社によって料金プランやデータ通信容量などがまちまちです。

基本的には、データ通信容量が大きいプランになるほど月額料金は高くなります。逆に通信容量を少なくすれば月額料金は安くなります。

ただ、容量が少なすぎると使い勝手が悪くなるので、月に3GB程度のプランを利用するのがおすすめです。

通話付き+通信容量3GBで最もおすすめできるのが「DMM mobile」です。

月額1,500円と格安で通信速度も早いのでストレスなく利用できます。

「月に3GBじゃ足りない」という場合でも最大で20GBまでのプランもあるので選びしろがあるという点でもおすすめできます。

これ以外では楽天モバイルもいいかもしれません。

3.1GBプランで1,600円になっています。また、楽天がサービスを提供しているということで、毎月の支払いから100円につき楽天ポイントが1ポイント貯まります。

楽天市場でよく買物をするのであれば楽天モバイルを選択してもいいかもしれませんね。

おわりに

通信速度が速い方がいいというのであれば「UQ mobile」を選択するのも悪くありません。

普段、データの使用量が多いというのであれば「FREETEL」もおすすめできます。

このように、たくさんの会社が格安SIMに参入していて、それぞれ特徴のあるプランを提供しています。

それらの会社を比較したサイトもたくさんありますので、自分にあったプランを見つけてみてはいかがでしょうか。

SNSでもご購読できます。

カテゴリー

コメントを残す

*